小児整形外科

小児整形外科について

当院の小児整形外科について最近の子供さんは、関節や骨、筋肉などの疾患や症状についての原因が大きく2つあると言われています。
過度にスポーツのやり過ぎなグループと、ほとんど運動をしないため関節、筋肉が硬くなってしまい、しゃがみこみなどが出来ず、転倒しやすい(こどもロコモ)グループに分かれます。
上記にような子どもさんにも当院ではアドバイスも行っています。
また、当院では学校検診でも問題のあった子供さんも診察を行っています。
分離症や側弯症などの治療が必要なお子様には、的確な診察を行い、手術が必要なケースでも当院院長が提携病院にて対応をさせて頂きます。

主な小児整形外科の疾患

  • O脚、X脚
  • 内反足
  • 腰痛
  • 股関節痛
  • 成長痛
  • オスグッド・シュラッター病
  • ペルテス病
  • 踵骨骨端症
  • 先天性股関節脱臼
  • 分離症
  • 側弯症(特発性側弯症) など

子どもの腰痛分離症

子どもの分離症腰の骨の後ろにある部分(椎弓)が分離してしまった状態です。中学生・高校生でスポーツをよく行い、負荷が大きい状態で疲労骨折の一種として起きます。子供さんの腰痛は大人と違って慢性腰痛になることは少なく、スポーツのやりすぎや長時間同じ姿勢でいる場合には、腰痛分離症の可能性があります。
腰痛分離症は非常に見逃されやすいため、子供で腰痛が続くときには精密な検査が必要です。

分離症には先天性の場合もありますが、子供さんで運動負荷の後に痛くなることが多ければ、当院に受診することをおすすめします。斜位のレントゲンで診察をする場合もありますが、初期の腰痛はレントゲンだけでは難しくにMRIやCTなどが必要になる場合もあります。

出来上がってしまった分離症は通常の骨折のように癒合することはありません。成人で発見される腰痛分離症の方をみているとあまり症状がない方や、レクリエーション程度のスポーツを行っている方も見られます。
ですが、子供で発見された早期の腰痛分離症は固定(硬性コルセット)を数ヶ月で治癒することもあります。子供の腰痛分離症を発見されたら適切に診察、治療をすることをおすすめします。

早期発見のポイント

スポーツを過度にしている子供さんが腰痛を発症している場合は、腰椎分離症を疑いましょう。
早期に発見することができれば、コルセットで治ることもあります。ですが、コルセットによる治療は、骨が未熟な子供だけに可能な方法ですので、場合によっては、鎮痛薬で痛みをコントロールする時もあります。
それでも治らない場合、日常生活に支障が出るような事があれば手術を検討しなければいけませんので、当院までご相談下さい。

子どもの側弯症

側弯症は、脊柱の側方弯曲と、多くはねじれをともなう変形です。
高度に進行した場合には、肋骨の変形が強くなり肺や心臓を圧迫して、心肺機能障害を起こす場合があります。
子供の頃には症状がなくても、成人期以降に変形は進行をして、痛み以外に神経症状を引き起こすこともあります。 原因には先天性、麻痺性、筋性などがありますが、特に原因がないものを特発性脊柱側弯症と言い、側弯症のうちの7~8割がこの病気にあたります。

思春期に発生することがもっとも多く、80パーセントが女性の子供です。外見上の変形が見た目でわかるような場合は、かなり側弯は進行していると考えられます。両膝を伸ばして床に手をつけるように前屈した場合に、両肩の高さの左右差や腰の高さが違っていれば側弯症の可能性が高いです。ですが側弯の部位によってはこのような症状がみられない場合もありますので、自己判断をしないように医師に診察してもらうことをお勧めします。 側弯の角度やタイプよってコルセット治療や手術が適応となります。特発性側弯症はほとんどが思春期に起きるため「なぜこんな病気にならないといけないのか」という思いから治療を続けることを諦めてしまう子どもさんもいます。

このような方が大人になって矯正手術を必要とする場合には非常に大掛かりで大変な手術となってしまいます。
当院では、側弯症を中心とした脊柱変形疾患の手術にも対応させて頂いており、実績も豊富ですので脊椎に異変や痛みを感じる方はお早めにご相談下さい。

早期発見のポイント

思春期の特発性側弯症は、成長期の子どもに痛みなどの症状もなく発症することが多いので変形の早期発見が非常に重要です。
学校検診では以前から脊柱側弯症の検診が定められていましたが、2016年からさらに運動器検診が開始されました。学校での検診だけでなく、家庭でも背骨や手足についてのチェックが求められます。
それは脊柱側弯症の早期発見に有用なのが前屈テストです。
上半身裸の状態で、肩幅くらいに足を広げて立ち、両腕を前に伸ばして身体の真ん中で両手を合わせます。膝を伸ばしたまま背中を丸め、手先を床につけるようにゆっくり前屈(おじぎ)します。正面(または背後)から見て、肩から背中、腰の高さに左右差(肋骨隆起、腰部隆起)がないか観察します。
また、まっすぐ立った状態で肩の高さ、肩甲骨の位置、ウエストラインで左右差がないか観察します。これらで左右差があれば側弯症の疑いがあるので、お早めに当院までご相談下さい。

小児単純性股関節炎

小児単純性股関節炎とは、ウイルスが原因で起こるのではないかと考えられている関節炎で、股関節が痛くなって歩けなくなることがあります。
5~6歳くらいの小児によくみられます。

シンスプリント

スポーツ障害の一種で、陸上競技やサッカー、バスケットボールなど走ることが多いスポーツでよく起こります。
主に脛の前方内側の痛みやふくらはぎの痛みなどがあり、放置していると重症化して疲労骨折を起こすこともあります。