椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは

背骨と背骨の間に“椎間板”と呼ばれる組織があります。
これはクッションのような役割を担っており、背骨への衝撃を緩和しています。
この椎間板が外部の力や変性、加齢による変性により外へ飛び出した状態を椎間板ヘルニアと言い、飛び出したヘルニアがまわりの神経を圧迫することで痛みや痺れなどの症状を引き起こします。

椎間板ヘルニアは腰で起こりやすく、走向する神経を圧迫すると、腰から下肢にかけての痛みや痺れ、麻痺などの症状が現れます。
また悪化すると排尿・排便障害が起こることもあります。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状

  • 突然、腰が痛むようになった
  • いつも腰や足に痛みや痺れがある
  • 腰に負担をかけると痛みが増す
  • 下肢の麻痺
  • 尿意が感じられない・便秘(膀胱直腸障害)

など

このような症状がある場合、椎間板ヘルニアの可能性がありますので、お早めに当院にご相談ください。

椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアの原因として大きく2つあります。
1つは激しいスポーツをした時や、重いものを持ち上げたりした時に椎間板に過度な圧力がかかり外へ飛び出してしまうものです。
もう1つは加齢によって椎間板のクッション機能や脆弱化して、長時間のデスクワークなどにより発症するものです。

検査と診断

椎間板ヘルニアの診断では問診が重要で、「突然、腰が痛むようになった」「いつも腰や足に痛みや痺れがある」「腰に負担をかけると痛みが増す」というような特徴的な症状がある場合、椎間板ヘルニアの可能性が高いです。
問診にてこうした症状を確認した後、診断のためにレントゲンやMRI検査などを受けていただきます。

治療方法

保存療法

コルセットなどの装具を使った装具療法、また内服薬や外用薬による薬物療法などを行って症状の改善をはかります。
薬物療法で症状の改善が難しい場合には、リハビリテーションを行います。

手術

保存療法では十分な効果が得られず、症状が続いたり悪化する場合には、手術を検討します。
当院院長が提携病院にて行う椎間板ヘルニアの手術では入院期間が短く仕事やスポーツへの復帰が可能です。

椎間板ヘルニアの
内視鏡手術について詳しくはこちら

よくある質問

腰が痛んだり、お尻や太ももの後ろがしびれたりします…何が原因でしょうか?

坐骨神経痛が最も疑われます。
お尻から太もも・ふくらはぎの痛みや痺れなどの症状が現れます。
適切な検査により診断を行い、治療により症状改善をはかりますので、一度当院へご相談ください。

ヘルニアになったら手術を受けないといけませんか?

最初から手術治療をご案内するケースは稀で、まずは薬物療法やリハビリテーションなどの保存療法で症状の改善を目指します。
そうした治療でも症状が続いたり、悪化したりするような場合に手術を検討します。

ヘルニアではどんな手術を行うのですか?

当院院長は主に内視鏡を使った椎間板ヘルニアの手術を行っています。
お体への負担が少なくて済む低侵襲の手術ですので、入院期間が短くて済み、お仕事やスポーツへの復帰が早まります。

手術でヘルニアを完治させることはできますか?

多くの患者様が手術を受けることで、大部分の症状を改善されています。
ただし、ヘルニアによって圧迫されていた神経のダメージを手術で回復させることはできず、時間がかかるため、しばらくは痛みや痺れなどの症状が残る場合がありますが、生活しているうちにだんだん気にならなくなるケースがほとんどです。