脊柱管狭窄症(腰部脊柱管狭窄症)

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とはわかりやすく背骨は33個の椎骨が連携してできています。神経が通るトンネルのことを“脊柱管”と言い、加齢などが原因で椎間板や腰椎が変形し脊柱管が狭窄すると、脊髄が圧迫されて腰が痛んだり、足で痛みや痺れなどが起こったりするようになります。
これを脊柱管狭窄症と言います。

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の症状

  • お尻から足にかけて痛む・しびれる
    背筋を伸ばしたり、歩いたりすると、脊柱管が狭まった神経が圧迫されてお尻から足にかけて痛みや痺れが生じます。
  • 立ち上がった時や、歩く時に腰が痛む
    脊柱管狭窄症では腰痛はそこまで強く現れませんが、立ち上がった時や歩く時などに腰が痛む場合があります。ただし、安静時にはほとんど痛みはありません。
  • 起立時や歩行時に痛み・痺れが強くなる
    起立時に背骨を伸ばすと脊柱管が狭まり神経が圧迫されるため、痛みや痺れが強くなる一方、座ったり、しゃがんだりすると痛み・痺れが緩和されます。
  • 歩くと痛みが現れるが、少し休憩するとまた歩けるようになる(間欠跛行:かんけつはこう)

歩行時に痛みが強くなり、200300m歩いただけでも症状が出るので、長い距離を続けて歩けなくなります。
ですが、しばらく前かがみの姿勢で休憩すると症状が治まり、再び歩けるようになります。

こうした症状を間欠跛行(かんけつはこう)と言い、早朝や冬などの寒い季節に現れやすいという特徴があります。 このような症状がある場合、脊柱管狭窄症の可能性がありますので、お早めに当院にご相談ください。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症の原因脊柱管狭窄症は、加齢や労働などの影響により変形した椎間板、また骨や靭帯の肥厚などにより脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫されることで起こります。
椎間板ヘルニアと比べて50代以降の中高年の方に多くみられ、「歩くと痛みが現れるが、少し休憩するとまた歩けるようになる」という間欠跛行(かんけつはこう)と呼ばれる症状が特徴的です。

脊柱管狭窄症を引き起こす病気

脊柱管狭窄症は加齢が影響するため、ご高齢の方に多いのですが、元々脊柱管狭窄症を引き起こしやすい病気があると発症リスクは高くなります。

腰椎椎間板ヘルニア

腰で起こる椎間板ヘルニアで、脊柱管の方向へ椎間板が飛び出すと脊柱管の狭窄を招く恐れがあります。

腰椎椎間板ヘルニアに

ついて
詳しくはこちら

変形性腰椎症

加齢などが原因で腰骨が変形してしまう病気です。 椎間板の変性により、骨と骨の間が狭くなることで、脊柱管狭窄症のリスクが高まる場合があります。

腰椎分離症

過度な運動などにより腰椎の後方に亀裂が入るもので、分裂部が広がり、骨がずれると神経が圧迫されやすくなります。

腰椎分離症について
詳しくはこちら

腰椎すべり症

腰椎すべり症の程度が大きくなると、神経が圧迫されて痺れなどの症状を引き起こします。

腰椎すべり症について
詳しくはこちら

脊柱管狭窄症の検査、診断

脊柱管の狭窄はレントゲン検査やMRI検査などの画像検査で確認できますが、狭窄が起こっていても無症状の場合もあるため、次のような基準で診断を行います。

脊柱管狭窄症の診断基準

  • 臀部から下肢にかけての痛み・痺れ
  • 臀部から下肢にかけての痛み・痺れなどの症状が、起立・歩行動作で強くなり、前かがみになったり、座ったりすると軽減される
  • 腰が痛むだけで、臀部から下肢にかけての症状がない場合には、脊柱管狭窄症ではない可能性がある
  • 現れている症状と画像診断の結果が合致している

脊柱管狭窄症の治療方法や手術について

保存療法

また鎮痛剤などによる薬物療法、コルセットなどを用いた装具療法、リハビリテーションなどの保存療法で症状を緩和し、経過をみます。
これらの治療で症状が改善しなかったり、悪化するような場合には、手術による治療を検討します。

手術

脊柱管狭窄症の手術として、脊柱管を圧迫している椎間板や骨・靭帯を切除する除圧術、また狭窄した脊柱管を拡大した後、固定具で固定する除圧固定術などがあります。

当院院長は提携病院で、内視鏡を使った脊柱管狭窄症の手術を行っており、手術の際の侵襲を最小限に抑えることが可能です。
お体への負担が少なくて済みますので、術後の痛みが抑えられ、早期の日常生活への復帰が期待できます。

脊柱管狭窄症の手術について
詳しくはこちら

脊柱管狭窄症の受診にあたって

脊柱管狭窄症の受診にあたって脊柱管狭窄症を予防するためには、神経を圧迫しないような姿勢をとることが大事です。
腰をまっすぐ伸ばしていると神経が圧迫されて、痛みや痺れなどの症状が強まる恐れがありますので、少し腰をかがめるようにしましょう。

脊柱管狭窄症では、現れる症状や日常生活上の支障などによって最適な治療方法は異なります。
患者様お一人おひとりの状態に合わせて、適切な治療方法をご提案いたしますので、お早めに当院へご相談ください。