腰椎すべり症

腰椎すべり症とは

腰椎すべり症とは腰椎すべり症は腰の骨が前後左右にずれる状態を言い、脊椎分離症をともなう分離すべり症と、脊椎分離症をともなわない無分離すべり症に分類されます。無分離すべり症の中でも中年以降で椎間板の変性によっておこる変性すべり症は、腰部脊柱管狭窄症の原因となることが少なくありません。

症状

症状腰の痛みだけでなく、足の痛みや痺れなどもともなうことが多いです。
病態が悪化すると馬尾症状(腰痛、下肢の神経痛・痺れ・麻痺、尿漏れや頻尿、性機能障害など)を引き起こすこともあります。

原因

腰椎すべり症の原因は不明ですが、中高年の女性に多いことから、多くは加齢や女性ホルモンの影響を受けているのではないかと言われています。

診断と検査

腰椎すべり症の診断のために、レントゲン検査やCT、MRI検査を行います。

治療

早期の腰椎すべり症であれば、消炎鎮痛剤、コルセットなどを用いた装具療法、リハビリテーションなどで症状の軽減が期待できます。
それでも症状の改善が難しい場合には、手術を検討します。
当院院長が提携病院にて対応しております。

腰椎手術について詳しくはこちら

術後

術後、骨が癒合するまで3ヶ月~半年程度、コルセットで患部への負担を抑えます。
また負担のかかる激しい運動や動作なども控えていただき、できるだけ安静な状態を保ちます。
術後半年程度たってから、再度検査を行って骨の癒合状態を確認し、問題がなければ軽い運動から始めていただけます。